さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2017年12月17日

旅立ちました…

仕事でお世話をしていたSさん(92才)が、
12月8日に安らかにお空に旅立たれました。

数か月前、「サンダーさん、私、死ねなかったらどうしよう…」と
言われ『えっ?…』と構えました。

「Sさんの順番は誰にも分からないのよ」
「お役目が終わって、神様から頂いたご褒美が
終わったらお迎えが来ますよ」と
思わず出た言葉でした。
私とSさんの間では「自分の死」について度々話していましたので
なんの疑問もありませんでしたが、
問われた日はいつもと違っていました。


1965年発行 (株)岩波書店
1948年にアメリカの最優秀絵本として、コールデコット賞を
受けた「ちいさいおうち」
この本の日本語版を企画・編集したのがSさんなのです



「障がい児に読書の喜びを」と私財を投じて
「ふきのとう子供図書館」を作った方でした。
そんなSさんのお話を聞くのが大好きでした。
東京出身でしたが、ご主人の転勤で北海道に。
「よく来ましたね~」と話すと
「両親は熊の出るような所にはやれない」と言われたと
笑って話してくれました。
障害児の為に、立ち上げから運営に携わり
一生懸命に心血を注いでいたSさん。
目の不自由な子供に手で触って読む「布の絵本」を作る提案をして
ボランティアのスタッフの方達と作ったり。

1974年に書籍小包料の値上げが報道された時は
図書館に通えない重度障がい者の方には巡回バスや郵送で
配本する事や図書館への盲人・身障者対応の図書館の義務づけを求めるなど
ガリ版刷の要請文を各方面に配ったそうです。
「障がい児や目の見えない子は図書館に来るのは大変でしょう」が口癖でした。

新聞への投書が横道孝弘衆院議員(当時)の目にとまり
「頑張って。支援します」とお電話が来たそうです。
その後読書の権利の請願が採択され、75年に現行料金の半額になりましたが
ふきのとう文庫は79年に財団法人なって、この制度が適応になったとの事です。
その当時の村上勇郵政相に
「あなたは他人のために一生懸命になって、奇特な方だ」と
言われたと。

Sさんは行動的な方でしたから、晩年とはいえベットで横になっていることは耐えられなかったと思います。でも一言も愚痴を言って困らせる事はありませんでした。私が出来る事は、お元気だった頃の話を引き出してあげる事でした。
その時の生き生きしたお顔は忘れられません。

Sさん、沢山のことを学びました。ありがとうございました。
安らかににおねむり下さい。

                       合掌


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(コーヒーブレーク)の記事画像
札幌市民交流プラザ
心づかいにほっこり…
ビックリしました
秋の気配
北海道胆振東部地震
暑い、暑い
同じカテゴリー(コーヒーブレーク)の記事
 札幌市民交流プラザ (2018-10-20 14:17)
 心づかいにほっこり… (2018-10-06 19:02)
 ビックリしました (2018-09-30 21:42)
 秋の気配 (2018-09-24 18:00)
 北海道胆振東部地震 (2018-09-09 14:47)
 暑い、暑い (2018-08-12 19:03)

Posted by サンダーソニアM at 18:00│Comments(8)コーヒーブレーク
この記事へのコメント
こんばんは~
縁あってお世話をした方良い経歴をお持ちだったのですね。
いろいろな体験を聞かせてもらえたこと心に残りますね。
Posted by ひげ爺 at 2017年12月17日 20:19
ひげ爺さま~こんばんは

在宅の看取りは私は初めてでした。
ご本人の強い希望でご家族も一生懸命でした。
理想的な看取りでした。
私達4人のヘルパーもご家族と頑張りましたね~~
良い経験をしました。

今夜も冷えてきました。
Posted by サンダーソニアMサンダーソニアM at 2017年12月17日 20:50
その方は立派な生涯を生きた方ですね。
なかなか出来ない事柄を、財団法人にまで立ち上げたことは
素晴しいです。後々までこの行動は続けられることでしょう。
きっと天国で見守っていますよ。ご冥福をお祈りいたします。
それにしてもサンダーソニアMさんはクリスチャンのような、
暖かい言葉には感心します。
「お役目がおわったら・・・・・云々」なかなか出てこない言葉です。
やはり介護のベテラン(神様のよう)ですね。
その方も、サンダーソニアMさんに出会えて良かったと感謝して
おられると思います。
Posted by フリーダムナツ at 2017年12月17日 23:00
お早うございます。
神様が、必要とされていた方なので、ご家族に
看取られて、穏やかに旅立たれたのですね。
人の生き死には、それぞれのドラマだと思います。
何時かは訪れるであろうその時まで、心して
過ごしたいものですね。

サンダーさんお疲れ様でした。
Posted by 顔回 at 2017年12月18日 09:58
なっちゃん~おはようございます

今朝も冷えていました。
今、フイッネスから帰って来ました

小学生の頃に叔父が身体の弱い人でしたから、
良く遊びに行っていましたので、このころから誰かの役に立ちたいと
思っていたようです(笑)
Sさんとは信頼し合っていましたので楽しく介護ができました。
最後の最後まで確りと私達スタッフとご家族に感謝の言葉を残して
死を恐れず気高く逝かれました。その潔さは見事でした。
沢山のことを学びましたね~~
Sさんと出会えて本当に良かったです。
大好きな仕事ですもう少し続けられるよう、
身体を鍛えます。

なっちゃんの優しいお言葉は老た私に勇気を頂きました。
有難うございます~~合掌。
Posted by サンダーソニアMサンダーソニアM at 2017年12月18日 11:46
顔回さん~こんにちは

人として尊敬していました。
身近な人の悪口は決して言わなかったですね。
政治家には厳しかったです(笑)
自社の好きな本が売れないどうしてなのか調査して分かったことが
字体が小さいと言う事に気ずき字体を大きくしたら売れ行きが
良くなったとか活躍したんですね。
そんな話が沢山ありました。
子供文庫を作るまでの苦労話も苦労とも思わなかったようです。
素敵な方でした。
誰にでも、いつも心のこもった「ありがとう」を言ってくれていました。
大好きなSさんでした。
とても良い経験をしました。
Posted by サンダーソニアMサンダーソニアM at 2017年12月18日 14:04
サンダーソノアM様 お早う様

人との出遭いは色々・・・
沢山の人と付き合う大事さが有りマス
人のお話も聞ける方が少なくなりました・・・
Sさんも貴女に遭えきっと心安らかにお休みかと思いマス
「ありがとう!」の言葉をお大事に、
人に感謝の気持ちをいつも持ち続けたいと思いマス
寒い日が続いていますが、お風邪など召しませんように・・・
今日の健康にも感謝!感謝!デス
Posted by たんぽぽたんぽぽ at 2017年12月19日 08:29
たんぽぽさん~こんばんは

Sさんは入退院の蹴り返しの長い闘病生活でした。
私は3年間のお手伝いでしたが。
良い経験になりました。
感謝ですね。
ご家族の皆さんもSさんの希望を理解し手厚い介護でした。
人の最後はその人の生き方で決まっる様を感じましたよ。

ツルツルと寒い日が続いています。
お互い風邪には気をつけましょうね。
そうそう今日、冬靴に滑り止めのビスを打つてもらいました(笑)
Posted by サンダーソニアMサンダーソニアM at 2017年12月19日 16:58
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
旅立ちました…
    コメント(8)