さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2017年08月22日

北大マルシェ

北海道大学農学部の学生さんが企画。
生産者とタイアップして毎年、開催されています。

直接、生産者さんに会えるのは新しい発見もあり食の大事を実感します。



北大構内農学部へ




緑にいやされます




農学部主催の「市場」




ボチボチと集まり始めています




今が旬のとうきび




朝採の野菜が並びます。実がびっち美味しそう




本格的なピザ窯です。焼きたてが頂けます




福島の消防自動車を改良したポザ窯




スイーツ売り場はジョジョに行列ができ始めました





学生さんの直接販売も楽しい





木陰の下でいつまでも話していたいです・・・・・・





中心分に、こんな癒されるオワクスがあるのは幸せです~




実行委員長さんのご挨拶
「美味しい物が食べたい」と思ったり。
「ここの産地のものはおいしい」という知識はおもちでしょう。
「なぜ、おいしいのか」その理由は知っていますか。

農産物の生産は地域ごとの自然環境に大きく影響され、
地域性に合わせ生産方法をもって作られます。
「土作りこだわり」「勇気栽培で安心安全」「飼料にこだわった酪農」
「人工着色料・保存料無添加の加工品など各生産者で熱意、愛情をもってとりくんでいます」

正直に言いますと、僕たち学生もどうしてそのようなこだわりをもって食べ物を生産しているか知らなかった部分もありました。
知ることで、食べ物に対する意識が変わり、自らの食生活をより豊かにできるのではないでしょうか。
また、生産者にとっても直接交流できるこのイベントを通して、
僕たちと一緒に農を知りましょう。
と呼びかています。

農業を勉強出来る事が羨ましく感じてきました。
そろそろ夏の疲れが出てきたようです・・・・・・・・・・
まだまだ続きそうな今年の夏、もう少し頑張らなくてはね。

  


Posted by サンダーソニアM at 10:53Comments(2)コーヒーブレーク

2017年08月13日

土曜の朝は

毎週土曜日に開催される「メイマルシェ」

札幌在住のドイツ人シェフ、マーカス・ボスさんが
プロデュースして11年になります。
テレビで紹介されていましたが、
なかなか会うチャンスはなかったです。

生憎の雨でしたが、馴染みのお客さまでいっぱいでした
すでに売り切れたものもありました





買い物かごです~





さすがに色、つやが良く厚みのある葉です





根菜の種類も沢山です、名前が分からない物もありました~





直接、農家さんに食べ方を教えてもらえる事が嬉しいね





ミニトマトの種類も多く味見して求めています
生産者さんが親切に対応してくれています





色あざやか鮮度抜群です





我が家は7種類の野菜をかいました。
ロメインレタス、フリルレタス、サニーレタス、
スターオブデイビット(九角おくら)、ミニトマト、
バジル、フェンネル。夜はサラダパーティーです




お墓参りの予定でしたが生憎の雨
早起きしたので予定を変更 「とれたて野菜を買いに行こう」という事になりました。

マーカスさんは
ただ販売するのでなく、美味しい食べ方を伝えたり、
「ギャラリーのように野菜を紹介したい」と話されていたように
お洒落な市場です。

「朝もぎ野菜は栄養たっぷり。健康に良いものを、
家庭でもおしゃれに楽しく使ってもらいたい」

札幌に移住して「札幌の食卓」を素敵にして下さっているんだね。

感謝です。
  


Posted by サンダーソニアM at 14:48Comments(6)コーヒーブレーク

2017年08月05日

「恵庭」いいとこ

先週の土曜の朝、娘婿殿が
「恵庭の道の駅に野菜を買いに行こうか!!」
決まり。

我が家から車で小一時間…
近郊の農家さんの朝採りの野菜は鮮度抜群、
お値段は安く魅力的です。
とりわけ嬉しかったのは「しその葉」が有った事です。
我が家の夏はしそジュースは欠かせません。
今年の暑さも乗り切ります~


帰り、寄り道して島松でランチです。

今年6月にオープンした イタリアン「テルツィーナ」





前菜は6種類の中から3品選べます





なんとなく選んで3品ですが「美味しい~」





サラダは地元の農家からの朝採り野菜。味の濃さと香りは
さすがです





自家製ミルクパン ソフトで出来立てです





カッペリーニ トマトの甘みがフレッシュ





ジェノベーゼ 大好きな香りです 北海道を頂きました。





デザート カタラーナ・チーズケーキ・マスカットのジェラート
美味しかったです~しっかりとした風味で美味しい~~
甘さ控えめ、甘すぎない事と心使いに心奪われました~face11





「札幌イタリアン」の名店が恵庭にオープン。
シェフ自から農家に仕入に行ける環境がそうさせたのでしょうね~

日常スーパーで買っている野菜とは比ベものにならないほど
うま味が凝縮していたのには驚きです。

ランチは3コースありAコース、Bコース、Cコースがあり、
私と娘はデザートが付いたBコースにしました。
大満足でした。

価格は札幌に比べるととてもリーズナブルで嬉しいです。
次回はいつ行けるかな~ 今度はキッシュが食べたいな~
  


Posted by サンダーソニアM at 16:42Comments(10)コーヒーブレーク

2017年07月31日

8月です…

今年の夏は異常気象の影響で
自然災害があちこちで起きています…
被害に合われた方はお気の毒です。

北海道の夏は短く、暑い、暑いと言っている内に
秋がやってきます。
いつもなら短い夏ですが、今年は長そうです。


自然体の我が家の庭






毎年表情を変えています






モロッコインゲン 鉢植えで挑戦しました「伸びる、伸びる」





蝶の名前が分かりませんicon10「たんぽぽさん~教えて下さい」
シャッターチャンス!!カメラを取りに家へ。間に合いました~icon88





今日は娘の食事当番でした
大好きな冷やしラーメンをリクエスト~~
夏はこれにかぎるねface02





道新「卓上四季」に
麺好きの人たちの間で、桜前線ならぬ冷やし中華が始まる
「中華前線」なるものが南から北上して来ると言う。
桜前線や「冷やし中華前線」、目覚めの季節は
南から北上して来ます。
春が一番痛切に感じます。
本州から花の便りが始まっても我が家の庭は高く積み上げられた雪の山face11この差は1ヵ月ほどはあるかな。
毎年春は取り残されているように感じています(笑)

雪の便りは逆で。北から南へ駆け足で行きます。
四季がはっきりしている日本。
ですが温暖化被害のスピードが速くなってきたと
感じるのは私だけでないでしょう。
涼しくすごしやすかった北海道が沖縄より暑くなる日もありました。
これからがちょっと心配です。
暑さに耐えれる身体に鍛えるしかないのでしょうか。


  


Posted by サンダーソニアM at 21:03Comments(10)コーヒーブレーク

2017年07月26日

月日の経つのは早いもので・・・・・・

平成23年7月に亡くなった主人の7回忌です。
当時は「喪失感」をどう乗り越えるかが大きな課題でしが。

現在は主人の居ない事は寂しいですが、
なんとか寂しさに慣れてきた様です。
仕事を始めた事で生きがいを感じ、
もう少し頑張ろうと、くよくよする暇がありません(笑)


  
横浜から届きました
ありがとうございます~






主人の大好きなカスミソ草がまるで小雪のように
散りばめられ素敵です





蓼科旅行のカメラの調子が悪かった時の富士山の1枚が
出て来ました。思い返せば北アルプス、富士山、御嶽山、
中央アルプス、八ヶ岳連峰などがパノラマで見える訳で、
ハイになって「神が作られしもの」に見とれてしまいました・・・・・




毎日が老いとの戦いです。
まして今年の夏の気温には参りますね。
夏日が11日も続きエアコンは必要でなかった北海道では
辛い日々です~
我が家は主人の療養のために設置したので助かっています。
近年エアコンは北海道でも必需品になってきました。

熱中症を理解できるお年寄りもどれだけいるのか、
実際仕事で入っている東京出身のCさんもその一人です。
「私は東京出身なので暑いのはいくらでも我慢できます」と・・・・
熱中症で命を落とすと言う事を理解してもらわないと
水分は取らない、夏使用服装になってくれません。
寝具も確り冬用の掛布団なんです・・・・・・

先日、コンビニの前に救急車が止まり数人の人に囲まれているのをバスから目撃しました、どうもお年寄りの様です、
救急車も忙しそうです。

この暑さはまだまだ続くようです。
確りと体調管理ね。

  


Posted by サンダーソニアM at 07:25Comments(12)コーヒーブレーク

2017年07月16日

酷暑の7月

記録的な暑さが続く道内です。
15 日は北海道を中心に全国的に厳しい暑さだったようです。
札幌で33.6℃でした。

二つの低気圧が停滞している所に暖かく湿った空気が流入したと
「今回と似た気流や、気圧配置のパターンは過去にもあったが、
ことしはその度合いが記録的な暑さになった」と・・・・・・・
気象庁発表。

猛暑日は3日連続で、7月としては28年振り。
最高気温30度以上の「真夏日」は23年振り11日連続。
次々と異常気象状態が更新される北海道です。
この先どうなるか油断は出来ません。


オオウバユリ
今年は撮影困難な場所でした





暑い日が続き、日中はグッタリ見るも無残な姿ですが
朝晩は元気になります





朝水やりの後





つゆ草
「ひげ様名前を教えて下さい」





蜂の巣発見face08


庭で蜂が飛び交っていたと思っていたら夏ミカンぐらいの大きさの巣をみつけました。
さあ大変!!「ハチの駆除」と検索する・・・・・
平日は15000円で土日祝日は25000円だというので2日間は用心することにして
月曜日に駆除してもらう事にしました。

日曜の朝、庭にホースで水やりをしているとき誤って巣にかかってしまいハチが飛び出してきました。
「キヤ~こわい~~」
薬局で「スズメバチ・マグナムジェットプロ」なるものを購入。
狙いうち巣ごと撃退に成功。

ネットで調べたると「1日で大人のこぶし大位の大きさを作る。」
大きくなる前に撃退する事。
ここは危険だと知らしめよとありました。

クワバラ、クワバラの蜂退治でした。
  


Posted by サンダーソニアM at 20:39Comments(12)コーヒーブレーク

2017年07月08日

道内夏本番

道内は広い範囲で厳しい暑さに。
十勝の音更町では全国で最も高い36.1度だったと朝刊で
知りました。「最高気温」なんて今までは他人事でした。
道内は6地点で最高気温が35度以上の猛暑日を記録しました。




満開のつるバラ






名前は分からない木の花






輸入花これも分かりません






先日、買い物帰りに30年前に職場で仲良くしていた方と
5年振りにばったりお会いしました。

彼女は明るく前向きな人でしたが、何となく元気がなく見えます。
取り留めもない話から「ご主人はお元気?」と聞くと
「今年の春に胃がんだと宣告され、余命半年と言われたの」と
なお一層沈んでしまいました。
すでに緩和ケアに向けての治療が終わったと話されました。

「緩和ケア」とは
癌患者さんの苦痛を取り除き、患者さんとご家族にとって
自分らしい生活を送れるようするためのケアです。

ご主人は緩和ケアについて良く理解できなかったようで
治療をすれば治ると思って居たようです。
実際に治療の後、完治していないのに退院だと言われ
先生に「治らないのになんで治療したのだ」と抗議をしたそうです。
若い先生は言葉が無くうろたえていたそうです。
隣にいた年配の看護師さんが
「これからは家で生活をして、痛みが出たり疲れるようだったら
入院して元気になったらまた家に帰って…
と言う風に好きな事が出来るんですよ」と
説明して下さったようで、それからご主人は
欲的になって今は二人で思い出作りをしているそうです。

「今年、桜を見に行けたけれど、来年の桜はたぶん見れないの」と涙ぐみます。

「いつでも電話してね」と握った手を優しく握って別れました。
明日にでも電話してみようかな。
  


Posted by サンダーソニアM at 21:36Comments(12)コーヒーブレーク

2017年06月29日

蓼科旅行5日目 東京

7月に入りました。
早いですね……


6月1日から始まった蓼科旅行。最後は東京です。

駒沢オリンピック公園 西口
朝食はミスター・ファーマーで。お洒落ですね~
映画のワンシーンのようなお店で気持が高ぶり
気がついたら朝食を写真に撮るのを忘れてしまいました(笑)





お冷やはセルフサービスでした、ハーブが入っている瓶
など色々と…柑橘系もあったりしてお洒落~





国技館にそびえる櫓
かつては必要に応じて講築されていたそうですが、
現在は安全上、常設の太鼓櫓になっています





横綱四人衆 1度でいいから生で見てみたいですね~
でも今日来た事でテレビを見ても実感が違います。嬉しいです





国技館は国技を行うための施設ですが
大相撲だけでなく格闘技、音楽イベント、記念式典などの会場に
利用され大勢の人に愛されています





日の出桟橋から晴海、お台場海浜公園を結ぶお台場ライン
東京湾を潮風を受けて、大いに満足しました~face11





レインボ―ブリッチジ。何度か渡った事があります ~
海の紺碧のいろが素敵~~






スカイツリー遠くてもはっきり見えます
あの辺りが浅草です(望遠で引きました)





お嫁さんが「お母さん東京タワーです~」と見つけてくれました
一瞬の出来事でした。ナイスです!






お台場海浜公園、あちこちに見惚れているうちに飛ぶように
過ぎてしまいます。
お天気も良く潮風に吹かれながら羽田空港へ向かいます






楽しい旅でした。
沢山の「冥土の土産」ができました。

「冥土の土産」とは
冥土へ行く際に持参する土産ですが、それを手に入れて初めて
安心して死ねると言う事なんですね。
心身ともに鍛えておきましょう。

充実した5日間でした。
今後はテレビに訪れた場所が出るのが楽しみです。
皆さんお世話になりました。

  


Posted by サンダーソニアM at 17:31Comments(10)旅行記

2017年06月25日

蓼科4日目 雲海 孫の大学:厚木

「サンダーさん~今朝はは雲海ですよ」~~face08
急いで重ね着をして2人で飛び出し、
刻一刻と変化する雲海に見とれながら一番高い所へと
駆け上がりました…


居間から見える雲海の始まりです





ベランダからは町並みが見えます





もく、もく、もく、もく





御嶽山





中央アルプス





朝焼けが残雪に一瞬日が当たり。美しい。




今回の旅もMご夫婦には大変お世話になりました。
3泊4日の蓼科旅行は大自然界の感動と感激と真心こもった
「お も て な し」の思い出を沢山いただいて東京へ向かいます。
自然現象のフルコースを満喫しました。
ありがとうございました。


4日目は、孫娘の大学訪問です「東京農業大学」
東京の家族と厚木で待ち合わせて学校に向かいました。





高台にある構内は広いですね~






環境の良い所です
「農学部大学院農学研究科」もあり将来温暖化に向けて先輩にも期待します





農学部で何を専攻しているの」と聞いたら
「専門コースに別れるのは2年生からだよ」と言っていました。

どんな勉強が出来るのかなと思い大学のHPを検索してみました。
「将来の農学に加えて生命科学、
環境科学情報科学の分野も扱う。
環境問題も積極的に取り組んでいる。」と頼もしいかぎりです。

努力家の孫です。お洒落も上手にくなってきました。
お婆ちゃんも頑張ります。

次回は東京の1日です。
  


Posted by サンダーソニアM at 19:22Comments(6)旅行記

2017年06月23日

蓼科旅行 3日目 イングリッシュガーデン 食後の夕焼け


イングリッシュガーデン「バラクラ」

ガーデンの表情は1週間で移り変わり、四季折々の植物や景観が楽しめます。

癒しと安らぎの蓼科高原の英国庭園へ~~





木道と木漏れ日の小道に午後の爽やかな風が通り抜けます





深い緑に静けさがただよって時間を忘れそう





木々に囲まれてホッとする空間





アリウムが揺れています





夕食は「ガムラスタン」スエーデン・北欧料理です
スエーデン料理は初めてです、お店の雰囲気は
ゆったりと落ちいています
料理は、全体的にさっぱりとしていてどれも美味しかったです~~





 前菜・料理は全体的にさっぱりしていて満足しました 
写真撮影はついつい忘れとしまいました・・・・・(スマホで撮影)





デザート・嬉しい~~    (スマホで撮影)




食事を終えて外に出ると茜色に染まった夕日です~~
見られるとは思っていなかったです~





刻一刻と沈んで行く様子に見とれるばかりでした~~






尾根に日が沈むと一瞬にして、鮮やかな赤く染まり感動






「バラクラガーデン」内の施設はカフェ、レストランの他に
苗木やオリジナルの園芸用品、ベーカリーには英国伝統の
ホームメイドの焼き菓子。
紅茶、ジャム、キッチン雑貨など。輸入菓子も好評の様です。
ブテイックあり、オランジェリ・ギャラリーあり
お楽しみがいっぱいです。


食後のデザートを頂き、外に出ると今日、1日の終わりは
「夕焼のプレゼント」でした~~

                        感動、感動の1日でした。


  


Posted by サンダーソニアM at 11:00Comments(8)旅行記

2017年06月18日

蓼科旅行 3日目 諏訪大社

「御柱祭」は7年ごと寅と申の年に行われます。
社殿の四隅に「御柱」と呼ばれる樹齢200年程の
樅の巨木を切り出し、奉納します。
その途中の急な斜面を滑り落ちる「木落とし」の映像は
テレビで何度か見ていました。
身が引き締まる一瞬です。

諏訪大社における最大の神事です。

鳥居





地図





上社 一の柱





二の柱






 上社内の正面と拝殿までをつなぐ長い廊下





神楽殿 神様に雅楽や舞を奉納したり、祈願を行う建物





下社春宮 一の柱






幣拝殿 祭祀・拝礼を行うための建物で、中央の二重桜門作りを幣拝殿、左右を片拝殿といいます






二の柱






お参りの仕方を参考に私達3人も神妙にお参りしました





「万治の石仏」は見る者の心をほっこりと温かい気持ちに
させてくれる不思議な石仏でした



田んぼの中にひっそりと。
高さ2mあまりの自然石ですが半球状の胴体に65cmほどの
石で彫られた仏頭が乗っているというユニークな風貌で、
どっしりした存在感のある姿がとても印象的でした。


お会いできて何かが解決したのでは…
心がスッキリした様に感じました。


  


Posted by サンダーソニアM at 16:32Comments(8)旅行記

2017年06月17日

蓼科旅行 3日目 早朝散歩 

スカッと雲一つない空。
早起きの2人はスキー場に散歩に出かける事にしました。


さすが朝は冷えています、
早朝5時 小鳥も元気です~~(写真は着いた日の1枚)





なだらかな坂道を新緑の木々に癒されてゆっくりと降りていく





北八ヶ岳ロープウェイスキー場です
スキーシーズンはさぞ賑やかでしょうね





今日の御嶽山のごきげんは最高だそうです
どっしりと鎮座しています





中央アルプスの残雪が美しいです
蓼科に来て初めてスカッと姿を見せてくれました~






帰り道、突然現れた雪山、乗鞍馬連峰でした
自分の位置が変わると山の位置が突然現れて頭が混乱しますface02


家に着き、お揃いのマグカップでミルクティーを頂き、身体が温まりました。




霧ケ峰高原の写真もあったのですが
パソコンの調子のせいでしょうか、
ブログにあげる事が出来ません。
霧ケ峰高原は終了して次回は諏訪大社と続きます。

帰り道突然現れた白い山の名前が「乗り鞍連峰」の
一部と知らせが来ました~~
あらかじめ「間違いは教えてください」とお願いしてあります。
たどたどしい文章に(笑)お二人には心配おかけしたいます。
蓼科旅行シリーズはMご夫婦と3人で作ることできました。
お二人が何処に連れて行くか喜ぶかなどを企画し
たいいちさんはドライバーと、観光地や歴史は何を聞いても
即座に教えてくれます。
私がカメラに夢中でしたのでひろ子さんが資料を
一手に集めてくれていましたface11
沢山の観光でしたので混乱しながら楽しんでいます。

もう少しお見せしたく整理しています。

  


Posted by サンダーソニアM at 14:17Comments(8)旅行記

2017年06月11日

蓼科旅行  2日目松本 薔薇とわさび田

安曇野市 松本豊科近代美術館「薔薇祭り」





青空と白い雲なぜか低く見えました
北アルプスのある日常の風景が羨ましい





何気ない日常生活にこの山並北アルプスガ見える




ローブリッタ  沢山の薔薇の中でも最も美しく撮れました
数枚撮って一休み





アエグスタルイーゼ





アンジェラ




信州安曇野「大王わさび田農場」


黒いネットで流水の温度を15℃以上に保ちます
わさびを熱から守り葉やけなどをも防ぎます
直射日光は苦手「木漏れ日を好む」





わさびを育成する水はすべて畑の中から湧出るそうですface08
凄い事ですね~





わさび田全体にまんべんなく供給するために常に一定の
水量が流れるよう水路に工夫している様子が分かります





珍百景の二つの川
水底は深く、堂々と流れるさまは神秘に満ち溢れています





万水川と蓼川の水質が全く異なる二つの川が中の島をはさんで
いかにも一つの川のようにながれています





わさび田の帰り道、北アルプスが目の前に現れ驚いていると
ひろこさんが「電線がないのねー」と…
絶好の撮影ポイントです
face05





田植えも終わり、山から吹き下ろす涼し気な風が
稲を揺らす田園風景でした





今日も一日観光「ありがとうございました。」
お疲れ出ません様に。

  


Posted by サンダーソニアM at 18:41Comments(10)旅行記

2017年06月10日

蓼科旅行 2日目 松本城

二日目は松本城です。

海外からの観光客が以外に多く、パフォーマンスの
忍者が人気者に。
一緒にスマホで写真を撮るのが目的のようでした…



黒門の塀の積み上げられた石、緻密な計算に驚きです





鉄砲狭間から。海外から来られた観光客のおじいちゃん
真剣なまなざしです





国宝 松本城
大天守は外観は5層で内部は6階の構造になっている
松本市内や北アルプスなどの眺めも素晴らしい





内堀側より四百余年の風雪に耐えた姿は貫禄十分
戦うための黒い頑固な天守と、平和になってから造られた優雅な
辰巳附櫓・月見櫓など数々の優れた築城技術を今に伝えています
それはそれは美しい建造物でした





敷地内の縄て通りの風情はタイムスリップしたかのようです





中町通り 昼食にむかいます
建物のナマコ壁が見どころですが、良い写真がありませんでした。残念!






栗強飯 山家定食
厳選されたモチ米と栗のホクホクした口当たりに満足
鱒の甘露煮も絶品。小鉢の長芋の「むかご」のクルミ和え、
鰹節を削って出汁をとったこだわりの味噌汁、
山の幸煮物など大変「おいしゅうございました」





松本城は約20年前にいまは亡き主人と日光旅行に行った際に
立ち寄り、天守閣に登った思い出があります。
日ごろの運動不足がたたり急な階段を半分しか登れなかった事を
思い出します。

再び訪れられるなんて感無量でした。

                           感謝です。  


Posted by サンダーソニアM at 11:27Comments(8)旅行記

2017年06月08日

蓼科旅行 1日目 

横浜のMさんご夫婦に
蓼科の別荘にご招待を受けました。
暑さに弱い私なので新緑の季節をえらびました。


標高1800メートルからの幾重にも連なる山々に驚き!!!!





リビングルームから「御嶽山」が真正面に見えます
刻々と変わっていく自然現象に目が離せません





朝晩の気温は低めです。ベランダに出て気温を体感したり
小鳥のさえずりが響き神秘性が増します




ハム・ソーセージ専門店・
「ザ・ババリアン・ペータ」蓼科 本場ドイツ仕込みです





オーナーシェフのドイツでの修行時代のイメージでしょうか。
遊び心ある手作りでまるでおとぎの国の小部屋…
可愛い空間にうっとりです





羽田からM氏の運転で中央自動車道を走り蓼科入り。
ふもとでコーヒータイムです





薔薇のアーチをくぐると、そこはスイスでした
娘達が好んで見ていた「アルプスの少女ハイジ」を思い出しました






着いたその日の、初めての日没ショーが始まります





高地からの日没体験はめったに見られません





日が落ちて遠くの山々が一段と赤く染まりました
最後まで見届けましたicon06





お揃いのマグカップをプレゼントしていただきました~face11
朝の散歩の後はマーマレード入りの紅茶かミルクティー
お揃いのカップで頂き身体があたたまりました。
蓼科の思い出見守られています~





今回で4度目のご招待は蓼科でした。
北アルプス、御嶽山、中央アルプス、南アルプス、八ヶ岳が
見渡せる別荘はそのような位置にありました。
新緑の山々と小鳥のさえずりに迎えられ、素晴らしい環境にすっかり魅了されました。

「そろそろ日没ショーが始まりますよ~」
運良く雲の邪魔も入らず静かにスピーディーに消えていきました・・・・
楽しい夕食のおもてなしはひろ子さんのアイデア満載の
手作り料理がテーブルいっぱいに並びました。目からウロコでした~
早速我が家で実践したところ、大好評でした。勉強になりました。
ありがとうございました。

明日は「松本」へ
  


Posted by サンダーソニアM at 21:58Comments(8)旅行記

2017年05月28日

野菜が届きました。

久しぶりの雨でした。
草木は元気を取り戻し 野の花が映えています。
併せて雑草もしっかり根付いてお手上げ状態です…




北見産の野菜ですface01
新鮮で肉厚で美味しい~~






今夜はテレビCMでお馴染みの
白菜と豚バラのミルフィーユ鍋ーです~~
肌寒い今日はあったまるね~












娘が仲良くしている同僚のKちゃんのお母さんが
丹精込めて育てた野菜の立派さに驚きました。
中でも白菜の大きさにはびっくりですface08
キャベツ、レタス、ブロッコリー、大根も鮮度バツグンです。



6月1日~5日まで、那須、東京へ旅行です。
羽田空港に長男のお嫁さんのご両親が迎えに来てくれて、
まずは蓼科に3日 間滞在です。
4日には東京へ行き長男家族と合流して、孫の学び舎を見学してきます。

今年になってギックリ腰を2回してしまいましたが。
何とか元気になり計画通り行って来ます~~

  


Posted by サンダーソニアM at 18:19Comments(12)コーヒーブレーク

2017年05月20日

野の花

遅い春を迎えましたが…
忙しさと気温変動に数ケ月振り回された状態でした。
「年のせいだ」と半ば諦めたものの
しんどい、しんどい日々と戦って
やっと乗り越える事ができました。

今年は朝から薄暗い日が多く「日照不足」を感じていました。
気候で体調は崩れますね~~



シラネアオイ 山野草の女王と呼ばれ薄紫のとても
気品のある花です





キクザキイチゲ 我が家に春一番で咲いてくれる
愛する花です







黄色カタクリ 花屋さんで見つけて思わず買ってきました
2度目の開花です






エンゴサク 弱々しく見えますが群生したコバルトブルーの
光景は見事です






ヒトリシズカ 源氏物語の中に登場しそうなイメージですね






ウバユリ 林の中でさいています
花はほぼ水平に咲き、花が咲く頃には葉は無くなります




下肢静脈瘤の術後、1か月間は運動は控え目にしていました。
その間の体力の立て直しが思いの他大変でした。
そうこうしている内に腰痛が出てしまい
恒例の函館旅行はお留守番でした。
年のせいなのかなぁ?またまた年を感じていましたが…

「ここで諦めてはいられない」
しかし気持ちの落ち込みも凄い…
長男のお嫁さんのご両親からお誘いいただいた、6月の蓼科旅行の計画も諦めた方がよいのではと考えたりしていました。

気付くと庭の草木は一気に目覚め、野の花が咲き始めた頃。
娘に「日ハムの大谷君とお母さんの復帰はどっちが先かな~」などと言われ対抗心メラメラ。腰痛からも解放され、
お天気が続き、気持ちもは上向きになりました。
6月1日に元気で蓼科に旅立たちます~~


  


Posted by サンダーソニアM at 19:18Comments(14)写真

2017年05月06日

旭山動物園に行って来ました

子供の日は混むでしょうね…
でも行けると思っていなかったので「やった~」です。
我家のドライブのお約束、早朝5時に出発です。
旭川まで桜が満開、田んぼに水がひかれている所もあり、
準備が始まった田園風景を楽しみながらのドライブです。

着いてみると長い行列でビックリでしたが、
並んでいれば入場できますから
これも楽しみの内です。



入場料820円に+200円で年間パスポートが買えます






まずは、ペンギン館から。手作りの看板が良いね
道順の知らせも動物の生体の案内版も優しく手作り感が満載です




下から写せます、こんな生き生きしてとしたペンギンは初めてです





青と黄色が素敵です





イワトビペンギン、フンボルトペンギン、ジェンツーペンギン
キングペンギン4種類です





アムールトラ 元気に動き回っています





なかなかの男前でした





チンパンジー ボスかな~






大きな右足です





時間的に朝食でしょうか、それにしてもこんな高い所にどうやって持って来たのでしょう






チンパンジーの目には人間は、どう映っているのでしょうね






広い園内ですが2時間もすると人、人、人…。混んで来ましたが
スムーズに見られました






ワシミミズクの雄、羽根はフワフワ





土を掘り卵を温めています






キリンも人懐っこくて人気者でした





ホッキョクグマ さすが貫禄十分でした





ランチは旭川の町を見下ろせる「レストラン・ライオン」で
チキンカレーを頂きました。
混雑を覚悟していましたが意外とスムーズでした。
「両性類爬虫類舎」だけはどうしてもパスicon10
3時間半の散策です。
気候が良いのか、どの動物も元気良く迎えてくれました。
そして職員の方々の動物に対しても愛情が感じられました。

人混みのせいでシャッターチャンスを捉えるのはなかなか
難しかったですが楽しかったです。


年寄りを連れて歩くのは何かと手がかかります。
お疲れ様です「ありがとう~」


  


Posted by サンダーソニアM at 20:17Comments(12)写真

2017年04月30日

円山公園お花見

ゴールデンウィーク初日の午後、円山公園の風景です。
例年恒例のジンギンスカンの煙が立ちのぼっていました。
花は3分咲きですが、皆さんは花より団子です。

公園内では桜の開花時期のみ「特別火気使用可能期間」で
ジンギスカンパーティーができます~
4月29 (日)~5月6日(土) 使用時間は9:00~20:00まです。
1度は公園で食べてみたいです。



午後4時頃。カラスが匂いに誘われてごちそうを狙っています




日の当たっている所は5分咲きかな~ピンク色です





初日なのでまだまだ広場は空いています
日に日にブルーシートでうずめられるでしょう





花はまだいまいちですが、蕾は大きくふっくらです
道内はエゾヤマザクラが多く花と若葉が同時に見られます





夕暮れ公園内の池に木々が映り込んでいます。きれいでした




突然カモが飛んで来ました
どこから飛んで来たのかな…道庁の池かな、中島公園かな…?





午前に出かけた娘からのお土産、小樽の「新倉や」さんです~
みたらしがイイネ。我が家も花より団子ですface02





円山公園の火気使用、{注意事項}はしっかりとあります。
コンロの貸し出しは希望者が多く、電話もつながらない程との事。
メールやファックスで公平に抽選で決めているそうです。

お花見の時期は一気に人出が多くなります。
公園近くの道路は一方通行で対処しています。
バスで7~8区間程離れた我家まで風向きによってはジンギスカンの焼け焦げた匂いがします(笑)
ご近所のお宅にはご迷惑をお掛けしていますね。

ですが、公園を使用できるのも半年間厳しい冬を乗り切った
道民へのご褒美かな~なんて思ったりもします。


  


Posted by サンダーソニアM at 18:39Comments(14)コーヒーブレーク

2017年04月22日

我慢の2本立て

「どうかしているよ」
今年の春の気温の変動が続いています。
日ハムも打たれるし、打てないし・・・・
どうなってるのかな~~
我慢の2本立てですface11




住宅地を流れる川、春の気配を感じる






フィットネスクラブの3階にある自販機、カラフルでいいね!!






雨上がりの朝、カタクリの葉っぱに大きな露





今年の天候を占う。

新聞に「コブシで知る天候」というお天気コラムがありました。
遠くの山々に白く咲き始めるコブシの花は昔から、
農事の目安とされていたとか。
「田打ち桜」「種まき桜」の別名もあり
こんな、ことわざが載っていました。

「コブシの花、上向きに咲けば干ばつ
下向きは雨多く、横向きは風多い、花が多ければ洪水」
その年の天候を示しながら、自然災害に気を付けての
シグナルを発信しているようです。

さて、今年のコブシはどうでしょう
興味津々です。

  


Posted by サンダーソニアM at 19:26Comments(12)コーヒーブレーク