さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2018年04月01日

北海道神宮参拝

四月に入りました。

今年の初詣は、体調が悪く行けませんでした。

「お朔日参りに行きますよ」と声がかかり行って来ました。
心身ともに清められホッとしています。

北海道神宮正面





三角山、右方面ふもとに我が家があります





参拝を終え遭遇した行事です





巫女さんも赤い袴が映えています





外から神殿に向う姿は「1日」と言う特別な儀式なのでしょうか!!!
雨模様だったので番傘をさした姿が又素敵でした




肌寒い朝でしたが、人出は徐々に増えてきています。
娘夫婦は「おついたち参り」は毎月来たいと言っています。
清々しく身が引き締まる思いでした。

「プロ野球北海道日ハム・ポールパーク」は北広島に決まりました。
37㌶の広大な敷地に球場だけでなく、
周辺エリアでも楽しんでもらえるさまざまな施設を作れると話されいます。

札幌市でも土地の提供は何か所か上げていましたが、
北広島の様な膨大な土地は難しのと地元の市民の方の反対を
まとめる事ができなかった様です。
「日ハム」フアンとしては非常に残念ですが北広島の
膨大な自然には勝てなかったです。
残念。

今年の桜前線は急ぎ足で、北へ北へと北上しています。
スマホで東京のお嫁さんと孫から桜の便りが届きましたface05
気象庁は「札幌、積雪0」宣言が出ています。
今年のお花見は早そうです。
  


Posted by サンダーソニアM at 16:41Comments(10)コーヒーブレーク

2018年03月18日

三寒四温

「もう一頑張り、もう一頑張り」でやっと峠を越えたようで
雪解けは急速に加速しています。
シーズン契約の排雪作業も昨日でお終いです。

去年、娘婿殿の実家から頂いた
赤いチュウリップの球根は雪解けの早い所を選んで
植えたのが楽しみです。




お客様はヒヨドリさんです。
この後、カラスが来てリンゴは持ち去られました・・・・




気候の変化と新しい仕事の環境に慣れるのに必死でしたが
やっと、仕事の流れも身に付きホッとしています。


環境の変化に戸惑いを感じるようになりましたね~~
長年の何気ない習慣を変える事の大変な事を実感。
通いの交通機関の違和感「間違ってないかな・・・・・・」とか
以前の勤務時間の変化も身体になじむまで辛い物です。
1カ月頃でやっと慣れた様に感じていますが・・・・
老いを感じますね。
この緊張感は私には欠かせないものだとこの度、実感しました。
ここで「リタイア」してしまったら全てがダウンしてしまい
取り戻すことは不可能でしょう。
「ゆるゆる動いていることにしましょう」
日頃の、疲れをケアすることが大事です。
雪が解け新緑を迎える頃には気分も変わり
フイッネス、水中ウオーキングと励みにも元気がでるでしょう(笑)

  


Posted by サンダーソニアM at 09:03Comments(10)コーヒーブレーク

2018年03月10日

春のきざし

雪解けが進んでいますが、
冷たい「手稲おろし」が札幌の街に吹きつけています。



山の手の「五右衛門蕎麦屋」さんの
「カレー蕎麦」ついつい「ご飯が欲しい~」と言ってしまいました(笑)
豚の大きな角煮が2個入つて豪華です



 

「菅井貴子さんのお天気コラム」から
毎年、札幌の街は「手稲おろし」の風に悩まされています。
「手稲おろし」とは手稲山から吹き降りる冬の風のことを意味すします。

札幌の冬の天候は、雪が降るか手稲おろしが吹いているか、
そのどちらかだと言う。
風向きが関係していて、北風が吹くと石狩湾から雪雲が運ばれ、
西風になると、日本海から吹いてくる風になり途中で
手稲山にぶつかり、
風は山を越えて、吹き降りるときに加速がついて強まり
札幌市内など石狩平野には冷たい突風が吹きます。
「この風が毎年つらいんです。」

手稲山の雪が解けてなくなる頃、
風はやわらぎ、札幌も本格的な春がやってきます。

雪解けが待ち遠しいです~~

  


Posted by サンダーソニアM at 15:56Comments(10)コーヒーブレーク

2018年03月04日

猛吹雪

「道内全域で大荒れ。一日から二日にかけて続いた暴風雪は、
道央を中心に長時間の停電や車両の立ち往生が発生し、大きな混乱をもたらした。
苫小牧の林道で雪で動けなくった車の救助作業員死亡」と犠牲者が出ています。
立ち往生した車の救助の為駆けつけた救助員は、責任感が強い若者だったそうです。
ご冥福をお祈りします。



2月24日の町内会の排雪できれいになったのに…




札幌も一日から二日からの暴風で三日にはこの通りの積雪です
湿った重たい雪で力つきました




「春はすぐそこ」と春のきざしを感じていたのが一昼夜にして
真冬に逆戻り。
昨日の札幌の天候も真冬の猛吹雪状態でした。

そんな中仕事でした。
11時から18時まで、在宅介護の仕事です。
利用者さんは82才の認知症のS子さんと63才の娘さんが
同居しているお宅です。
いくら台風と言えども遅刻をしたら娘さんに迷惑をかけますので
暴風雪の中1時間早く出ました。
バスはあてにせずタクシーで行く事にしましたが、
なかなか来ません。
前方でタクシーを待っていた方が空車を見つけたようです。
「何処まで行かれるんですか?よろしかったら途中まででも」と
声を掛けていただきバスターミナルまで乗せて頂き助かりました。感謝です。
そこから又タクシーに乗って出勤です。

勤務開始時間より40分早く着きひとまず安心。
会社に電話して「この天気なのでいつもより早く着きましたので
お邪魔してよいですか」と利用者さんに
電話を入れてもらうようお願いしました。

「駄目です。いつもの時間でお願いします。」厳しい口調で
一方的に言われてしまいました。
介護保険を部分的に使っているので、規定外の行動は
禁止されていると言う事です。
防寒靴はシャーベット状の雪が沁みて来ています。
暴風雪の外で40分待てと言うのか…。

「4月に介護保険の改正があり、生活援助の在り方が大きく変わります。具体的にどう変わるかは3月の研修会でお知らせします」
と社内報のお知らせです。

規則にしばられ思う様な介護サービスがだんだん出来なくなってきています。
現場では「それは出来ません」と言うのは辛いです。
チョッと手を貸すことで一人暮らしが出来る人には厳しい規則になっていくようです。
研修会が気になります。
  


Posted by サンダーソニアM at 20:02Comments(14)コーヒーブレーク

2018年02月24日

町内会の排雪日です

今年の積雪は少ない、少ないと言われてきましたが
なんと噂通り、自然界は帳尻を合わせて来ました。

金曜~土曜と2日間で町内はスッキリ♪です(感謝)
今年の排雪業者の重機は活気的です。
仕上が楽しみです~~



前の日に結構降りました




我が家が契約している排雪業者さんは
週一回来てくれます




12時頃にトラックと重機がやって来ました




けたたましい音を立て、積み上げていた雪を巻き込み
トラックの荷台へ吹き付けます




3時頃には殆ど終了、道幅は広くスッキリです
素晴らしい!!




春になったら解ける雪を高額な費用をかけて除雪、排雪
なんと贅沢なことか…
ドンドン費用がかさみます。
大々的に除雪をするようになったには
1972年の札幌冬季オリンピックの際の各会場までの
除雪が始まりだと言われています。

現在は朝10cmの積雪でブルトーザーが出動します。
好景気の時は建設業界(ダンプカー)の
冬の稼ぎ時だったようです。
今は経費が賄えず廃業したり、本州に出稼ぎに出かけてしまい
北海道ではダンプ不足の状態の様です。
市の予算もやりくりが大変で、
町内会の自治体が応援しています。

この先、温暖化が四季を通してどう影響するのか。

「頑張れ地球」… でも頑張っているんだよね。
改めて小さなことでも良いから地球に優しくしなくては
と思いました。

  


Posted by サンダーソニアM at 15:22Comments(12)コーヒーブレーク

2018年02月18日

"ブラバン・ディズニー!"コンサート

2ヵ月前に娘達に誘われていました。
当日、キタラで19時開演なので私は仕事先から直行です。



世代を超えて楽しめる「ディズニー音楽」。
吹奏楽演奏を通して感動をいただきました~





見ている人が参加したくなるコンサートという企画でした
最後は楽器持参でステージに上がって大演奏会
「ディズニーツムツム」というゲームのテーマ曲を皆さんで演奏です





指揮者の「オリタ ノボッタ」氏の暖かい人柄にすっかり
ファンになりました





新しい仕事が始まり、まだまだ試行錯誤の日々です。
今の私には吹奏楽がピッタリ、
しかもデイズニーの曲が良かったですface05
少し疲れ気味の心身に「ガツン」とストレス解消、
気分転換が出来て、元気を頂きました。

東京の孫も大学の吹奏楽部で活躍しています。
元気になってくれる人が沢山いますがんばってね~~

  


Posted by サンダーソニアM at 17:07Comments(10)コーヒーブレーク

2018年02月12日

第20回小樽雪あかりの路

歴史ある街小樽の冬の風物詩。

手創りのあかりを届けたい。
「人のぬくもり」を大切に
ボランテア市民の手創りのおもてなし
に迎えられて散策です。

「小樽運河会場」「手宮線会場」をぐるっと


小樽運河・浮き球キャンドルが揺れています




今は廃線になった手宮線を活用して厳しい冬も楽しく
一人一人の祈りと願いとなる希望の風景




雪の華灯り




チームオブジェの小さな作品




ナナカマド、なにげなくっていいね



大きな作品、日中に雨が降つても確りしています




しばれ「どうやって作るのかな~」と見入っていたボクがいました




パールキャンドル、これは私も作ったことがあります




ふくろうの森、完成度の高い作品でしたが
雨のため溶けています・・・残念




今年も娘達と夜の小樽え行って来ました。
札幌駅から電車でゴットン、ゴットンと哀愁ある汽笛が心に
響きました。
すっかり暗くなり海は見られませんでしたが、
チョコット旅気分も味わって。

日中の雨で小さい雪像と繊細な作品は残念ながら溶けている
物が多かったです。

ザクザグの雪道は秋の京都旅行で鍛え
水中ウオーキングを頑張った成果なのか。
歩けたのが嬉しかったです。

夕食は居酒屋さんで一杯。
食材が立派で何にを食べても美味しかった。

特特上のにぎりも満足でした。
  


Posted by サンダーソニアM at 17:07Comments(12)写真

2018年01月28日

Sさんを忍んで

亡くなられたことは新聞に載ると思っていました。
障害児の為にと私財をつぎ込んで創立した
「ふきのとう文庫」です。

2月から新しい仕事に入ります。
2ヵ月余りお休みしていましたが、
仕事で身体を動かしていた方が
元気でいられるのだと自覚しました(笑)
ダラダラしていた時間もここまで。
仕事モードで身体作りに切り替えています(笑)



「サンダーさんいつまでもグズグズしてないで」と
言われているようです


  


数日前、スーパーの前の交差点でアイスバーンに
足を取れて転んだ人に遭遇しました。
近くの人が手を貸しても起き上がる事が出来ない様子。
私も駆けつけました。
打ち所が悪かったのか「動けないんです」と…
「救急車呼びますか?」と声掛けするも「しばらくこうしていたい」と。
赤信号で止まっていた車の運転手さんも、
「大丈夫か?…」と言った顔をしてハンドルを握っています。

2人がかりで支えて、ようやく車道から歩道へ移った途端
「ここで良いです」と力尽き座りこんでしまいます。
せめて人通りに邪魔にならない所にと移動して「大丈夫ですか」と
声掛けし顔を見たら私より30才は若い人でした。
「しばらくこうして居ます。大丈夫です。」と言うので私はスーパーへ。
気になるので早々に買い物を済ませ戻って見ると
姿は見えませんでした。歩けるようになったんですね。

足元に気をつけて帰りました(笑)
「雪道は十分気をつけましょう」の巻でした。
  


Posted by サンダーソニアM at 11:51Comments(10)コーヒーブレーク

2018年01月21日

今年の積雪量

去年と比べるとあきらかに少ない。
積雪もそうですが
雨の日が数回あり降っては解ける状態でした。

高齢者が多くなったご近所さんと「今年は雪が少なくて楽ですね」が
ご挨拶です。



今年の積雪




去年の積雪量は例年こんなものです




除雪道具は家族それぞれお気に入りがあります





昨年6月蓼科旅行の帰り息子夫婦が国技館に連れて
行ってくれました。
「大相撲初場所」この日を楽しみにしたいましたが横綱の暴力沙汰で一転してしまいました。
相撲協会が横綱らしくないなどと今頃
言い出して長年そんな相撲を
見せていたんですよと言いたいface09

その影響から見方が変わり
初場所は幕の内から見ています。
一所懸命さが良いね。

新聞は幕下(力士養成員)から出ています。
道内幕下力士は17人います。
部屋の先輩の環境がとか切磋琢磨して
十両に上がって幕の内に上がって欲しいです。
今回の不祥事で相撲が嫌になった時期がありましたが・・・・・
結局相撲離れは出来ませんでした。
横綱を目指して頑張っている力士の為にも
「相撲協会」確りしてください。

  


Posted by サンダーソニアM at 20:08Comments(10)コーヒーブレーク

2018年01月12日

寒中お見舞い申し上げます

すっかり出遅れてしまいました。
ひと仕事が終わり緊張することもなく過ごしていました・・・

12月31日にダウンしてしまいface11
風邪でもなく看取りの期間でしたので旅立たれたことで
緊張感がきれ疲れが出たのでしょう。
やっと体調が戻ったと言うのに気持ちが冴えない・・・・

これは「Sさんロス」なのか・・・・・
心の変化に任せて過ごしてみる事にしました。

 
ナナカマド・スマホで撮影




仕事をしている時の体調と、
仕事をしていない時の体調の違いの変化に戸惑っていましたが・・・・
やっと気力が出てきたかな~~
時間が必要だったんですね。
いくら元気を出そうと思っていても出ませんでした(笑)
2月から個人的にお世話して欲しいとのお話は数件あります。
会社を通して新規で始めたら良いのではと考えています。

なにか張り合いがないと身の置く場所が無く辛いですね。
趣味とは別物なんですね。
  


Posted by サンダーソニアM at 15:08Comments(8)コーヒーブレーク

2017年12月30日

今年も終わろうとしています

今年も早かったです。


横浜から柚子が送られてきました
早速、柚子茶をホットで頂きました「あったまる~」
柚子湯でも温まりました




我が家のクリスマス。デパ地下と娘の手作りで
タコのカルパッチョ、エビチリ、鯛のマリネサラダで乾杯




今年のケーキは「ルタオ」絶品です





道内は暴風雪でした。
道北や日本海側を中心に荒れ視界不良で多重衝突事故が
相次だ他、JRも141本が運休、交通網が大きく乱れたり。
記録的な暴風が荒れ巻くっていました。
札幌の根雪も早く、影響は「大」でした。
気圧の関係でしょうか、気持ちも沈みがちで何することもなく
グダグダしていました。

今年も残すところあと1日です。
年明けは駅伝三昧で元気を出しましょう(笑)

今日は富士山女子駅伝でした。
孫の大学が力を振り絞り準優勝となりました。
孫は吹奏楽部なので前日から現地入りし、
今朝は午前3時起床で応援していたようでした。
「今どこかな?」とラインをしたらやはり富士山でした。
「一生懸命走っている選手を見てもらい泣きしたface11
まさか駅伝で泣くとはface11
感動した~」とかえって来ました…
彼女のラインに私も感動しましたface11
素敵な青春に元気をもらいました(笑)

今年もお世話になりました
皆さん良いお年お迎えください。

ご自愛下さい。  


Posted by サンダーソニアM at 21:25Comments(10)コーヒーブレーク

2017年12月17日

旅立ちました…

仕事でお世話をしていたSさん(92才)が、
12月8日に安らかにお空に旅立たれました。

数か月前、「サンダーさん、私、死ねなかったらどうしよう…」と
言われ『えっ?…』と構えました。

「Sさんの順番は誰にも分からないのよ」
「お役目が終わって、神様から頂いたご褒美が
終わったらお迎えが来ますよ」と
思わず出た言葉でした。
私とSさんの間では「自分の死」について度々話していましたので
なんの疑問もありませんでしたが、
問われた日はいつもと違っていました。


1965年発行 (株)岩波書店
1948年にアメリカの最優秀絵本として、コールデコット賞を
受けた「ちいさいおうち」
この本の日本語版を企画・編集したのがSさんなのです



「障がい児に読書の喜びを」と私財を投じて
「ふきのとう子供図書館」を作った方でした。
そんなSさんのお話を聞くのが大好きでした。
東京出身でしたが、ご主人の転勤で北海道に。
「よく来ましたね~」と話すと
「両親は熊の出るような所にはやれない」と言われたと
笑って話してくれました。
障害児の為に、立ち上げから運営に携わり
一生懸命に心血を注いでいたSさん。
目の不自由な子供に手で触って読む「布の絵本」を作る提案をして
ボランティアのスタッフの方達と作ったり。

1974年に書籍小包料の値上げが報道された時は
図書館に通えない重度障がい者の方には巡回バスや郵送で
配本する事や図書館への盲人・身障者対応の図書館の義務づけを求めるなど
ガリ版刷の要請文を各方面に配ったそうです。
「障がい児や目の見えない子は図書館に来るのは大変でしょう」が口癖でした。

新聞への投書が横道孝弘衆院議員(当時)の目にとまり
「頑張って。支援します」とお電話が来たそうです。
その後読書の権利の請願が採択され、75年に現行料金の半額になりましたが
ふきのとう文庫は79年に財団法人なって、この制度が適応になったとの事です。
その当時の村上勇郵政相に
「あなたは他人のために一生懸命になって、奇特な方だ」と
言われたと。

Sさんは行動的な方でしたから、晩年とはいえベットで横になっていることは耐えられなかったと思います。でも一言も愚痴を言って困らせる事はありませんでした。私が出来る事は、お元気だった頃の話を引き出してあげる事でした。
その時の生き生きしたお顔は忘れられません。

Sさん、沢山のことを学びました。ありがとうございました。
安らかににおねむり下さい。

                       合掌
  


Posted by サンダーソニアM at 18:00Comments(8)コーヒーブレーク

2017年12月10日

京都の秋 №3    

娘のお薦めの「銀閣寺」へ。
そこから哲学の道を歩き、ブログのトップに載せた
もみじの「永観堂」へ続きます。



「哲学の道」
ゆるい坂道ををゆっくりと散策です




「銀閣寺」正門 もみじが迎えてくれます




砂の庭



撮影スポットの窓からカメラを構えると
通行人が遠慮して立ち止まってくれました
気の毒で焦ってしまいます




庭をぐるっと回ると銀閣寺が見えてきます「渋いですね~~」




屋根の上の鳳凰が映り込んでいます




赤いもうせんと甘酒で一休みして
「永観堂」へ向かいます





2日目の夜は、高台寺「夜の特別拝観」の予定でしたが
拝観チケットを買う列があまりにも長かったので諦めました。
灯りに惹かれ二年坂に立ち寄ってみました。
小さなお土産屋さんが並んでいて京都の雰囲気を楽しみました。
清水寺に向かう参道の一部なんですね。
日中にも行って見たいです。

夜の二年坂、暗闇にチロチロと灯る明かりに魅了され心落ち着く




傘屋さん




時代物小物




小路に三十塔 貴重な発見に思わず佇む





東京1泊 京都2泊の旅行も終わり
伊丹空港から雪の千歳空港へ
帰りは天候の影響で結構揺れました…

婿殿の旅行プランのバランスに満足でした。
足手まといの年寄をサポートしてくれたことに感謝です。
風邪もひかず怪我もなく元気で3泊4日の旅は終わりました。

ありがとう。


  


Posted by サンダーソニアM at 19:39Comments(8)旅行記

2017年12月03日

京都の秋 №2

札幌の11月後半、真冬日が1週間もありました。
104年振りとか…

12月に入りました、冷えは厳しいです。
今年の冬はどうなるのでしょうか?


嵐山「渡月橋」一方通行です。凄い混みようでした
修学旅行の時、渡月橋を見ながら河原で休んだ記憶があります




「天龍寺」へ続く道 苔生す瓦




狭い道を天龍寺~宝厳院と続きます
たくさんの人が写真撮影していたので
お寺の正面の写真は無理でした




天龍寺と宝厳院、境目が分からなくなってしまいました~




池を表しているのでしょうか…




どこへ行っても、この行列が続いています




「静」を感じます




日本に生まれて、なんて幸せなんでしょう
四季にふれる喜びです




素敵な佇まい




小川に落ちた葉の風景も目に止まります




竹林は海外のお客様に大人気。凄い人でしたが
ラッキーな事に一瞬のシャッターチャンスです




美しい景色はテレビドラマ、CMに数多く紹介されていますね。




この先の階段は無理だったので、若い人には登ってもらい
私は下で待っていました




「燃え」に圧倒されます

 


厭離庵




カメラの調子が悪く撮影出来ませんでしたが
細道の奥が厭離庵です




「藤原定家が住みし山荘の旧跡で
小倉百人一首を編さんした処」と記されていました





1日目の観光。
帰りは嵯峨嵐山からトロッコ電車に乗る計画でした。
なにせ凄い人出です、切符売り場はすでに長い行列でした。
嵐山に到着してすぐ希望を託して並んでくれました。
「ヤッタ~!」最後の列車に乗れます~♪

ライトアップされたもみじの並木は幻想的でした。
写真は私の技術では無理でした…残念!

京都観光 初日の昼食は「鍋焼きうどん」を
頂きました。手打ちのうどんの美味しい事。
出汁の美味しこと。「満足、満足」
おやつは甘党屋さんで「ぜんざい」を頂き疲れがとれました(笑)
夕飯は京都の「おばんざい」を頂きましたよ~さすが「出汁の食文化」です。
カメラは持たずゆっくりとご馳走を堪能しました。

明日も頑張ります。

  


Posted by サンダーソニアM at 10:11Comments(12)旅行記

2017年11月29日

京都の秋 NO1

長年憧れていた京都の紅葉観光に娘家族と行って来ました。
紅葉真っ盛りの赤いもみじは、赤ちゃんの手よりも
小さな小さな葉っぱです。

京都は修学旅行で行ったきりです。
トップは一押しの「永観堂」にしました。


「もみじの永観堂」と言われいます




鮮やかな紅色が続きます




池を左手に見ながら坂をゆっくり下がる




池に映り込む景色が続きます




「無です~~」




落ち葉の絨毯が全体を引き立ててくれています




絵具を溶かしたようです




見事に赤が映えます




まるで鏡に映っているようです




遠く「多宝塔」をもみじが引き立てています




日がさして




思いがけない小川にもホット癒されます




人出は最高・紅葉も最高でした



旅行に立つ数日前北海道は雪でした。
根雪になるのではと思うほどの勢いでした。
23日は東京の息子家族と孫夫婦と渋谷で食事会でした。
6月の蓼科旅行の時も元気な皆に会えました。

24日は新幹線で京都に向かいました。
娘の「富士山が見えるよ~」に目を覚ましました~~(笑)
急いでデッキに立つ



京都駅は近代的なデザインで見惚れてしまいました。

つづく。


  


Posted by サンダーソニアM at 05:34Comments(12)旅行記

2017年11月19日

予報通りの雪でした

11月に入って冷え込みが厳しくなり、
「厚手のコート準備OK」
真冬並み寒気が道内の陸上で一夜にして雪を降らしました・・・・・・
白い恋人~~がやってきた。


一晩降り続き、やっと青空が出て来ました





もみじの紅葉がまだ残っていました





プルーンの木の葉っぱに雪のコート!!!





水滴も凍っています






一気にきました。
一晩で20センチでしたが今も降り続いています。
朝刊の天気予報の欄を見ると3時まで雪だるまicon04マークです。
6時間休んで21時から又icon04マークです。
明日の朝が恐いです。
湿った雪で除雪には重い雪です・・・・・・・

近頃のテレビは世界中の辛い報道が多く心傷みます。
なんども、なんども同じニュースが繰り返されます。

新聞、ラジオの時代は静かでしたね。
その分情報は乏しかったのは事実ですが・・・・
現在はありすぎのでは。

新聞は見たい時見ればよい。
ラジオの構成は幅広い内容なので何が、何でも全ての局が
繰り返し繰り返し同じ話題を流される事はない。
新聞で十分、家事仕事をしながらラジオでいろいろの知識は
得られるしCDで音楽を聴いたりで十分ですね。

1年を締めくくる九州場所中「横綱暴力問題」が起こりました。
若い力士が育ってきて面白くなってきたと言うのに
非常に残念ですね。

  


Posted by サンダーソニアM at 15:34Comments(10)コーヒーブレーク

2017年11月05日

気付けば11月

なんて早いんでしょう。


雨の予報が出たので急いで「いまのうち~~」撮ってみました・・・・・
昨日の、雨風で葉っぱが落ちました落ち葉も良いね。
紅葉もお終いです。

我が家の落ち葉も好き





北一硝子・喫茶で一休み





次女から久しぶりのお誘いでした。
彼女は孫が2人になり仕事と、なにかと忙しくしています。

「急なんですが、お天気が良いので小樽でランチはいかが」と
ラインが入り「OKです~」身軽さがいいね。

ランチは小樽運河の近くの回転寿司に。

6月に長女夫婦が函館が本店の「函太郎」に
連れて行ってもらいった時の美味しかったのが
忘れられなかったのでそこにしました。
やはり美味しかったです~~

カメラはお休みしました。


  


Posted by サンダーソニアM at 17:42Comments(12)コーヒーブレーク

2017年10月28日

秋深し…

札幌市内は紅葉がピークです。
今年はきれいです。


西高グランド沿いの並木。銀杏が落ちています




大蔵山ジャンプ台。札幌を一望できる観光地になっていて
夜景も素敵です





三角山今年も見上げるだけでした…





遠く手稲山・2度目の雪





主人が大事にしていた我が家のもみじ
真っ赤に染まっています





ある日の仕事での一コマです。

お世話している92才のSさんは9月に入り体調を
くずしていました。
立てなくなり、食欲も低下し、テレビにも興味がなくなり
ベットで寝ている時間が長くなって来ました。

訪問診療のDrに相談すると「老衰に入ってきている」
とのことでした。
これからは本人の望む生活をさせてあげては?と言う事で、
本人の希望を聞き、家族と先生との話合いの結果
希望通り、自宅で静かに過ごすと決まったた矢先
腰を圧迫骨折をしてしまいました。
先生は「骨粗しょう症でお年ですからクシャミをしても
なりますよ」との事でしたが…
気を付けていたのに残念です。

リハビリの先生は「動かさないと寝たきりになってしまいます」と
毎日、リハビリです。Sさんは「痛い痛い」と言っています。
食事も殆んどとれなくなりデイケアーも休み静かに過ごせる
とSさんは思って居たのにかわいそうです。

在宅介護の内容はそれぞれ違います。
夫婦の間柄のお世話は理想ですが。
親の介護を子供がするケースはされる方もする方も大変だと身に沁みます。


「ぴんぴんころりん」の為に身体を動かそう。  


Posted by サンダーソニアM at 20:55Comments(12)コーヒーブレーク

2017年10月18日

定山渓紅葉

秋晴れの土曜日午後からは雨の予報でしたが絶好の
紅葉狩りでした。
どんぐりの木とカエデの木が多いのかな~~
主に黄色で染まっています。

久しぶりに婿殿のお母さんと4人でドライブです。


札幌湖・風力0の水面は鏡の様です
豊平川本川の豊平峡ダムと共に札幌市の水がめとして
札幌市民の生活を支えている




自然豊かな湖をカヌーで散歩が出来るようです




黄色・茶が殆どの紅葉これも良しかな・・・




定山渓温泉・正面に赤い橋が見えます




ホテルの前庭




木漏れ日に癒されます





太陽の日差しがまぶしい





今夜は冷えるようです。
今日の、中山峠はすでに積雪ですテレビで映りました。
あちこちで雪の便りが聞こえます。
とりあえず第一段階、冬靴と防寒着は準備しました(笑)

ゾクットきたら要注意ですよ~~  


Posted by サンダーソニアM at 05:42Comments(14)写真

2017年10月05日

札幌市内初冠雪

「手稲山」今年は、例年より11日早い初冠雪でした。
この季節、身に沁みる寒さで「来たな・・・」と分ります。

手稲山は標高1023,1mの山で、
札幌中心部から車で40分の位置にありスポーツ、レジャーに
札幌市民から親しまれています。
姿が美しく大好きな山です。


フイットネスに向かう朝丁度、朝日があたりナイス




頂上に立つ鉄柱は送信所、中継所、無線送信中継施設など
置かれています。
遠くは小樽湾から石狩平野を望み季節通して素敵な所です。

手稲山は北海道の山スキーの発祥の地と言われています。
登山シーズンは滝ノ沢コース、北尾根コース、平和の滝コースの
3コースがあり若かりし頃、私は平和の滝コースから
登ったことがあります。
途中突然大きな石(畳の様な大きさと厚い平らな石が重なり)が
現れ不思議な感じ、友達は「休憩しょう」と石の上でコッフエルで
お湯を沸かしコーヒーを入れ一休み。
予想もしてなかった出来事を思い出し見上げています。

まだ雪虫は見ていませんが、そろそろかしらね~~





  


Posted by サンダーソニアM at 10:15Comments(10)コーヒーブレーク