さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2018年09月30日

ビックリしました

東京の出版社から写真使用の依頼のメールが入りました。
「フェンネル」の栽培の本が出版されるのだそうです。
去年のブログ「土曜の朝は」で載せたメイマルシェで撮影した
フェンネルの写真です。

「麻紐で値段タグをつけて束ねるなんていお洒落ですね」と
お気に召したようです。
今年のフェンネルは気候のせいでしょうか
小ぶりでした。




2017年8月13 日「土曜の朝は」





たんぽぽさんは蝶にも詳しいです~お天気の良い日でした
名前を教えて下さい




勿論「お使いください」とお返事しました。
本の出来上がりは12月の予定とのことです。
楽しみです。

  


Posted by サンダーソニアM at 21:42Comments(8)コーヒーブレーク

2018年09月24日

秋の気配

9月の連休に娘達に誘われて小樽までドライブ
「小樽芸術村」で一足早い芸術の秋を堪能してきました。

小樽芸術の村はニトリ(家具)が買い取り美術館にしたものです。
旧三井銀行小樽支店は当時の金庫や建築物そのものを鑑賞できたり企画展示などを開催しています。

旧北海道拓殖銀行小樽支店は小樽が反映して時代の作品を集めた似鳥美術館として生まれ変わりました。
アールヌーボ・アールデコグラスギャラリ―は「まさに歴史と芸術が響きあう、世界にも類をみない芸術空間」と記しています。



「小樽芸術の村」 運河にも近くとても素敵な空間です




「旧高橋倉庫」のステンドグラス カメラはOKでしたface08
一歩足を踏み入れて目にとび込んだ色とりどりのステンドグラスの美しさに魅了されました






100年の時を経て小樽にたどり着いたステンドグラスです




第二次世界大戦、イギリスでは「教会離れ」が進み 多くの作品がアンティーク品として売られたり壊されたりしたそうです。




最後の晩餐




聖母マリア像 美しい




床にも




聖ヨハネ・聖母マリア・この人を見よ・神をみよ・聖ペトロ・聖大ヤコブの面々




「旧三井銀行小樽支店」ではユニットによる弦楽四重奏が演奏されました鉄筋コンクルート造の重厚な作りなので音の響きの反響が見事でした




当時のままの大理石のカウンターです





ついつい日常生活に追われ日々いっぱい、いっぱいになりがちな自分に娘達が連れだしてくれた1日です。

この日は写真に気を取れらない様にと思っていましたが、
なんとステンドグラス美術館はカメラOK。驚き夢中でシャッターを押す音でストレス解消が出来ました。

年のせいでしょうか、この頃は感動する事も少なくなりブログもサボりがちです…
今月は誕生日月。
ボケボケしていられません。

冬が来る前を楽しみ元気を出します。

二人の娘にありがとうと感謝。


  


Posted by サンダーソニアM at 18:00Comments(12)コーヒーブレーク

2018年09月09日

北海道胆振東部地震

なんと北海道にも未曾有の災害が起きました…
9月6日午前3時8分頃、道内で初の震度7を観測しました。
我が家の地域は震度5はあったようです。
結構な横揺れで長く感じました。
揺れもおさまり大した被害もなくホッとし意外と落ち着いていましたが…

直後に停電になりラジオで地震の大きさを知りましたが
詳細な被害の様子はまだ上がってこなかったです。
時間が経つと次々と被害状況が分かり大変な事が起きたとが分かり取り合えず当座の準備にとりかかりました。
(次の日の朝刊を見て愕然としました)




東京の息子家族から心配のラインが入り無事を報告。
札幌に居る娘家族、千歳の孫ともラインで連絡がとれました。
東京のお嫁さんのお母様からも一報が入りました。
娘婿殿のご両親とも連絡が取れ一安心です。

札幌市内の被害状況は地盤により大きな違いがありました。
我が家は昔から地盤は良いと言われて来ましたが結構な揺れでした。幸いガスと水は出ているものの、いつ止まるか心配で出来る限り水を確保して娘達が直ぐにホーマックに予備の水用のタンクと乾電池を買いに行くと開店の2時間前からすでに数人の人が並んでいて店が開くのを待っていたそうです。携帯充電の為の備品も買えてホッとしました。
在庫の食料を点検しガスでご飯を炊いたり、日没の時間を考えながらの行動をとっていました。

そうこうしている内に通信困難になり、会社にも連絡が取れなくなっていました。
シフトでは9月7日は介護の仕事で24時間の泊りです。
どんなことがあっても行かなければなりません。
そのお宅は高層マンションです。
唯一使える無料の公衆電話で仕事で入るお宅へ連絡すると、
「水は出ているが停電なので7階までは階段で上がる必要がある」と聞かされ頑張るしかないと覚悟を決め明日の仕事の準備をしました。
介護の仕事の「使命感」でしょうか。でもこの事態は想定外でした。

災害が起きた時の役所関係者の方であったり、警察官、消防署員、地域の役員の方だったり
救急車、緊急ガスもれの車は引っ切り無し走っています。
病院関係者の方達にも大勢の方々が速やかに救助に当たる姿に頭が下がります。
そのご家族はご主人の分まで家を守るわけです。
感謝しかないです。

昨夜は3度の余震があり高層マンションの揺れを体験
ゆるやかに長く揺れでギシギシと気持ちが悪くいつまでも揺れている感覚でした。

翌日は泊り明けで引き継の方に地震の時の状況を聞きました。
ギシギシと揺れ、キッチンの引き出しは「ここも、ここも、ここも、ここも開いた」と話してくれました。
「マンションの地震は初めてで怖かった」ことと
その方も「7階まで階段で上がったのは74才になるが初めてだ」と。私も初めての体験でした。


利用者さんのお宅はデパートの外商さんが生活用品全般届けてくれます。食事は出来合いのものを利用しているので底が付いており、2日間はデパートは休業だったので食事のやりくりが大変でした。その後ほぼ正常に戻りましたが、長期になった場合の事を思うと心配です。

我が家は今回の教訓を参考に冬に向かっての備えを強化します。

この度は、皆様には大変ご心配お掛けしいたしました。
今後とも宜しくお願い致します。

  


Posted by サンダーソニアM at 14:47Comments(20)コーヒーブレーク