さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2018年07月22日

恵庭 梅花藻

思いがけなくオープンガーデンに続き今日は
梅花藻(バイカモ)を見に行って来ました。



恵み野中央公園に車を置きスタートです
遊水路恵み野南緑地が続きます




川面にゆらゆらと涼し気です




小さな可愛い花が空に向かってゆらゆらと揺れています




閑静な住宅地の真ん中を流れていたとは… 信じられない





折り返し帰り道です
春は桜並木が見どころ秋は紅葉も楽しめます




小川の両脇は閑静な住宅が続いています




ここから駐車場の下を流れ続いています




3段の滝ですが、結構な水の流れの音が清涼を演出しています





池に流れ込んでお終いです




今日のランチは、札幌・医大前の




「スープカレー ばぐばぐ」美味しかったです






茂漁川(もいざりがわ)について調べてみました。
恵庭市のいのちと暮らしを育んできた「母なる茂漁川」
古来より鮭が遡上する清らかな川でした。

1990年に北海道で2番目の「ふるさとの川 モデル事業」に
認定されました。
素顔の水辺作りをテーマに、川底に自然の土や石を戻し
水際に柳を植えたりなどして緑化護岸を行ったことで
緑豊かな河川に生まれ変り、水中の妖精「梅花藻」が咲く
緑豊かな水辺になったことが分かりました。

今回、素敵な恵庭の町にお邪魔して市民の方の協力があってこそ成り立っているんだと感じました。
  


Posted by サンダーソニアM at 19:15Comments(11)写真

2018年07月16日

恵庭 めぐみの庭めぐり

海の日の3連休、お天気を見計らって行って来ました。
恵庭市 恵み野は一般家庭の庭作りが素晴らしい事で有名です。
毎年6月下旬~8月上旬の間、楽しい庭めぐりが出来ます。
7/13~14の2日間、循環バスが素敵なお庭をぐるっとめぐり、
スタンプラリーや庭主さんに庭作りのお話を聞くなど楽しいイベントが
開催されています。

毎年、テレビなどで取り上げられていましたが
今年初めての参加でした。



№1 地元の人から「ブルーガーデン」と呼ばれている程ブルーの花が咲いています
本格派の腕前のご主人、芝に水やりをしていらっしゃいましたが
気持ちよく招き入れて頂きました




カンパニューラが満開です
我が家の庭に花を入れていみたくなりました




奥が高く前は低めに植えられていて美しいです
参考になりました




№2 仲良しご夫婦のお宅です
小さな小さな薔薇(ゆめおとめ)が印象的でした 




ご主人が「薔薇は終わったけれど…」とカメラスポットを教えてくれました





№3 丹念に手入れをされている努力家の奥様
薔薇の2度咲きの方法と消毒の方法を教えて頂きました
暑さが苦手なお花に傘をかぶせています





全体の風景 可愛い~






№4 庭主の奥様と猫の「さわらちゃん」が迎えてくれました





お手入れが行き届いています





ファインダーを覗くと正面に椅子が置かれています





空間演出も素敵です





奥様が「椅子に座ってみてください」と仰ってくれました
先程の写真の椅子に座って見ると、今歩いてきた道…素敵~
何処を見ても絵になっています





№5 アイデア満載の奥様
壊れた鉢も素敵に飾っています
我が家でも大きな壺が冬のシバレ(凍って)で割れてしまいどうやって
始末しようと思っていましたが、アイデアを頂きました





広々としたお庭です アイデアはこれからも続くでしょう





№6 自然体を好まれている奥様で沢山お話しして頂いたので
写真を撮るチャンスがなかったんですface11





小さな演出が目にとまる広い芝はお孫さんがキャンプをしたり
プールを出して遊んだり、楽しんでいるそうです



 

庭主さんにお庭の作り方などお話を聞くチャンスをいただきました。

我が家の緑ばかりの庭に少し花を入れてみようと思います。
非常に参考になりました。

ありがとうございました。
他にもオプンして頂いているお宅もあります。


ランチは娘家族と恵庭のまちで「ネパール料理&インド料理」で
バイキングでした。
思いのほか美味しかったです。
スパイスのチャービルの香りがくせになりそう又機会があったら又ね。

今週の野菜は「かのな」道の駅で野菜を買って家路に向かう。

  


Posted by サンダーソニアM at 16:46Comments(10)写真

2018年07月01日

7月に入りました

北海道神宮に、お朔日参りに行って来ました。
昨夜からの雨は上がり、蒸しています。


桜のトンネルだった参道、今は緑です





茅の輪(ちのわ)くぐりの神事でした
茅は病気災害をはらうといわれ、茅の輪「生命の輪」をくぐり
災いをのがれ生命を延長するといわれる古代からの信仰です





老若男女が訪れていました





敷きつめられたジャリも雨に磨かれ静けさを感じ
心穏やかになります





4月末から坐骨神経痛の痛みで2ヵ月程、
痛み止め、ストレッチ、マッサージに通ったり鍼灸などで
痛みに耐えていましたが。
やっと痛みが消えました。辛かったです…

仕事には1度も支障が無かった事が幸いでした。
介護の現場は厳しく、例え体調が悪くても「お休みが欲しい」などとは言えません。
だから体調管理に気を付けなければなりません。

人手不足による非常事態です。
会社では介護の依頼を受けてもお断りしている現状のようです。
(人手不足の現状とは介護者の高齢化と若い人のなり手がないことです)

先程までじっとしていても汗ばむほど蒸していましたが、
スコールの様な雨の後、爽やかな空気になりました。

長年、北海道には梅雨は無いと言われていましたが。
近年は蝦夷梅雨と言われています。


  


Posted by サンダーソニアM at 19:31Comments(12)コーヒーブレーク